忍者ブログ
ブラック企業が社会問題になっているが、ブラック士業(ブラック弁護士法人、ブラック法律事務所)も問題として認識されつつある。ブラック弁護士法人は弁護士としての使命感や倫理観がなく、利益のために反社会的で違法性の高い業務に手を染める法人である。
[49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

希望のまち東京in東部市民カフェ第134回「築地市場」
希望のまち東京in東部は2017年2月23日(木)、希望のまち東京in東部第134回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は築地市場(東京都中央卸売市場)などを議論した。
場外市場の店舗は移転用のビルに入居したところもあり、困っている。店舗の費用を二重に払わなければならない。中央卸売市場は構造が複雑であり、利害関係が錯綜している。豊洲に移転したら、どうなるか。豊洲は使い勝手が良くないという意見がある。今までとは異なるから、そのような意見が出ることは自然である。
中央区は市場の賑わいを残そうとしている。江東区豊洲にはトラックの走る流通センターの部分ばかりがくる。本来は、場外市場は包丁屋など中で働く人のための店舗が集積した。今や場外市場は観光客向けになっている。
築地だから安いことはない。回転寿司の値段では寿司は売れない。築地行けば良い寿司が食べられるという錯覚がある。その錯覚が豊洲に移転して目覚めれば良いのではないか。地域の良心的な寿司屋が栄えた方がいい。ブランドだけが残り、場内市場の影響力は落ちている。
ちゃんとした中央卸売市場になるならば豊洲に移転することに賛成する人は多い。浅草と同じである。昔の浅草のイメージで変な店に引っかかる。石原慎太郎は旧体制的な築地市場をなくして、近代的な卸売市場にしたのかもしれない。
場外市場は昭和初期から発達していた。築地は銀座や新橋の近くである。かつては大きな料亭があった。築地市場で働く人はプライドを持っていた。東京の台所、食材の供給センターであった。築地のブランドが一人歩きし、場外市場が力を持つようになった。
市場長は東京都の高級官僚である。市場長経験者を副知事にすることもあった。衛生管理で力を持っている。市場長の考え次第で市場の構造は変わる。市場の仕事は荒っぽい。時間が限られた中で人が沢山介在する。
軽子という短期非正規雇用が大量に発生する。早朝アルバイトである。非正規雇用の元祖のような業界である。半ヤクザみたいな人もおり、それが市場の荒っぽい空気を作っていた。前近代的な業者も温存された。このシステムを合理化したいという思いが東京都にあっただろう。石原慎太郎の前から計画があったが、中々進められなかった。築地界隈は旦那衆の町であった。粋な町、きっぷがいいというが、どうなのか。
山手線が浅草を回ろうとしたことに反対運動が起きた。それで山手線は上野に行った。浅草は国鉄が来なくても歓楽エリアであった。戦後はターミナル駅ではなかったため、地盤沈下した。戦前の浅草は日本最先端の街であった。今は過去をセールスポイントとしている。浅草は芸能の街であった。独特な文化がある。
新宿歌舞伎町は昔の怪しさはなくなっている。昔のコマ劇場は怪しかった。日本の街は金太郎飴のようになっている。寿司ざんまいはどこにでもある。豊洲市場予定地周辺が新たな場外市場として発達する可能性があれば歓迎できる。
ゆりかもめは豊洲から延伸する計画がある。有楽町線支線と重なるが、コストを考えればモノレールに優位性がある。モノレールは駅間の距離を短くでき、利便性を高められる。地下鉄が地震に耐えられるか疑問である。土に埋まらなくても水浸しになる。
東京大開発の目玉は江東区になるのではないか。東京の都市計画を組み替える際に江東区は、やられやすい。洲崎神社のあたりが海岸線であった。江東区の砂町は砂村新左衛門が新田開発したことに因む。砂浜に因む訳ではない。墨田区は昭和的な街である。向こう三軒両隣の意識がある。江東区は新住民も多い。亀戸は墨田区に近い。深川ギャザリアは藤倉電線(フジクラ)の工場跡地にできた複合施設である。
公務員と議員の間の距離を開ける。公務員は行政人として働く。皆で選ばれる人に判断を委ねる。地方議員はボランティア的な性格があってもいいのではないか。日本には寄付文化がない。資金提供の文化がない。日本は与党対野党の対決で労働組合などが介在し、イデオロギー対決になってしまう。この人を押し上げたいという純粋な気持ちが機能しにくい。色々な人にチャンスが与えられる社会を先ず作る。
オバマ政権があったからトランプ大統領が生まれた。オバマ政権でも差別がなくならかなかった。中東で血みどろの戦争を続けた。もしトランプが自国優先主義で戦争を止めれば世界平和のチャンスになる。オバマ政権は実質酷いことをやりながら、綺麗な顔をしていた。
日本人は「やばいことはアメリカがやってくれる」という気持ちがある。トランプ政権が考えるきっかけになれば良い。トランプは実を取ってくる。トランプが「これからは違う」と言う可能性がある。もし安倍政権が自主防衛を狙っているならば、安倍政権の対応は高等戦術になる。そこまで考えているか。変わるきっかけにはなる。経営者の感覚で大統領を務めることは良いことか。国家は長いスパンで考えなければならない。多くの会社は何百年も続かない。
男性と女性は役割が違うと思っている。良いところを出し合った方がいい。「何でも従え」は嫌だ。お互いに補う。役割分担はある。女性が男性を支えることはあるが、男性は女性を支えることはないという発想は平等ではない。「女性は家庭を守る」は戦前的な価値観である。忙しくない方が、ご飯を作る。源氏物語のような女性文学が残っていることは、世界的に同時代では珍しい。
自分と違う人の意見を聞きたい。相手の話を聞くことで、向こうも私の話を聞いてくれるかもしれない。甘いと言われるかもしれないが、そこから始めるしかない。色々な考えの人がいてもいい。意見の違いがあることを分かった上で取り組む。
名誉校長の件で安倍昭恵さんのイメージが悪くなった。安倍昭恵さんと三宅洋平さんの関係は不思議である。左翼的な「お前は間違っている」的な人よりもましではないか。三宅洋平さんの話し合う姿勢は肯定するとしても、相手との議論の内容や到達点を明らかにすべきではないか。高江の運動家と会おうと思うこと、話し合いたいと思うことは良いことである。会ったことで政府にソフトなイメージを与えたならば危険ではないか。
http://www.hayariki.net/tobu/
PR
この記事にコメントをする
H N 
題 名 
文字色 
メールアドレス 
HPURL 
コメント 
パスワード    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/27 あおちゃん]
[11/27 いちご]
[11/27 あおちゃん]
[11/27 あおちゃん]
[11/27 いちご]
最新TB
プロフィール
HN:
林田力 wiki
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
P R
Designer by:北極星のなりそこない
Material by:Barcarolle
Copyright c [ 林田力 ブラック士業対策 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]