忍者ブログ
ブラック企業が社会問題になっているが、ブラック士業(ブラック弁護士法人、ブラック法律事務所)も問題として認識されつつある。ブラック弁護士法人は弁護士としての使命感や倫理観がなく、利益のために反社会的で違法性の高い業務に手を染める法人である。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

林田力「『家政婦のミタ』『専業主婦探偵』ガンバリズム否定の労働者像」リアルライブ2011年12月27日
http://npn.co.jp/article/detail/82400422/
林田力「桃野よしふみ世田谷区議がデジコン問題を説明」PJニュース2011年12月27日
http://www.pjnews.net/news/794/20111225_4
林田力「『ヨルムンガンド』第10巻、不気味な武器商人の意外な一面」リアルライブ2011年12月28日
http://npn.co.jp/article/detail/48757624/
『相棒』元日スペシャル、“イタミン”が臨時相棒に
http://npn.co.jp/article/detail/33614331/
 『相棒』では犯罪者の置かれた状況を丁寧に描く点も魅力である。社会派エンターテインメントと称される所以である。昨年の元日スペシャル「聖戦」では真犯人は序盤から明らかで、息子を失った後の被害者の苦しみが描かれた。これに対して今回は薄っぺらな思想犯に見せながらも、どんでん返しが用意されていた。
 事件の背後には富めるものはますます富め、貧しいものはますます貧しくなるという格差社会の現実があった。高層ビルによって青空さえも満足に享受できなくなり、ホームレスの居場所が再開発でなくなっていく。これはウォール街占拠や「We are the 99%」の運動と問題意識が重なる。
 さらにホームレスの集う公園で炊き出しする女性は、杉下と伊丹を警察官であると見抜く。伊丹の顔が強面であるという理由で、ここは笑いどころである。一方で警察官と見抜いて警戒する彼女の反応は、ホームレスを排除し、ホームレス支援の活動を抑圧する傾向のある警察の姿勢を反映したリアリティがある。社会性と娯楽性を深めていく相棒に今後も期待大である。

『テルマエ・ロマエ』第4巻、長編化に賛否両論
http://npn.co.jp/article/detail/45919213/
 これまでの短編的な展開でも主人公が平たい顔族と呼ぶ日本人への蔑視は描かれてきた。しかし、それはタイムスリップの認識のないルシウスの無知な大国意識に負うところが大きい。ルシウスが間抜けであり、日本人の読者は笑い飛ばすことができた。
 ところが、主人公が現代日本に長期滞在するとなると、より日本の実態が見えてくる。短期のタイムスリップでは日本の風呂文化の美点だけを吸収し、ローマ帝国で応用すれば良かった。これは日本の風呂文化が古代ローマ市民にも通用すると、日本人の民族的自尊心をくすぐるものである。
 これに対し、長編ストーリーでは経営不振となった温泉宿の買収を目論む同業者や大事にされない老いた馬の悲しみなど、日本社会のシリアスな話題を挿入する。単純に日本の風呂文化は秀でていると民族的自尊心を高揚させたい向きには重たい話である。それが「元のワンパターンな展開に戻してほしい」という不評の一因になっている。
PR

石井あゆみ『信長協奏曲』は現代の高校生サブローが戦国時代にタイムスリップし、織田信長になりかわる漫画である。タイムスリップ物としては異色である。
第一に主人公が飄々としていて、元の時代に戻りたいという意識が乏しい。タイムスリップの意味や現代に戻るためにどうすればいいか悩むこともない。現代を思い出すシーンもない。
第二にタイムスリップ物におけるタイムスリッパーの最大の強みは未来を知っていることであるが、本書の主人公は勉強が苦手という設定で歴史知識がない。明智光秀も知らないほどである。
主人公の強みは運動能力や視力である。一般に現代人は文明生活によって身体能力は退化している。そのため、肉体的には過去の人々に劣るが、未来を知っているという頭脳面をアドバンテージとする傾向がある。この点で本書の設定は異質である。但し、栄養状態の良い現代人の方が身体能力は高いと考えることもできる。その点では本書はリアリティがある。
第三に結果的に史実に沿っていることである。タイムスリップ物は歴史のIFを楽しむものである。しかし、本書は実際の歴史が史実と異なっており、主人公の言動によって伝えられている史実通りになる。信長は病弱であったが、戦国時代の常識を知らない主人公と入れ替わることで、「うつけ者」と呼ばれるようになる。未来人の過去の言動も折り込み済みで歴史となる「ドラえもん」的な世界である。(林田力)

『信長協奏曲』第2巻、ユニークな木下藤吉郎像
石井あゆみ『信長協奏曲』第2巻は桶狭間の合戦前夜までを描く。木下藤吉郎が腹黒い人間として描かれている点が特徴である。椎名高志『MISTERジパング』の日野秀吉を彷彿させるが、それを上回る。藤吉郎の出自についても大胆な解釈がなされている。豊臣秀吉の晩年が悪辣な権力亡者であることは多くの人の認めるところであるが、信長の家臣時代は善人に描かれることが多かった。これは秀吉の一生を描く場合に一貫性に欠けるものになる。本書のような秀吉は実は実態に近いかもしれない。(林田力)

『信長協奏曲』第3巻、竹中半兵衛や明智光秀が登場
石井あゆみ『信長協奏曲』は平成生まれの高校生サブローがタイムスリップして織田信長になる青春戦国記である。織田信長の歴史的イメージからするとサブローは線が細く、軽薄であり、好き嫌いが分かれるところである。しかし、佐藤賢一『女信長』では信長を女性と描いたように信長という革新児は普通の武将と懸け離れたところがある。
第3巻は桶狭間の合戦で幕を開け、美濃攻略が描かれる。「今、彼らの協奏曲が始まろうとしている」とのナレーションによってタイトル『信長協奏曲』の理由も明らかになる。タイトルだけでは『のだめカンタービレ』のようなジャンルの作品と勘違いした人もいただろう。
この巻では竹中半兵衛や明智光秀という重要人物が登場する。竹中半兵衛は織田信長よりも秀吉を評価していたと伝えられることが多い。しかし、『信長協奏曲』は信長と直接出会い、信長を認めたような様子である。竹中半兵衛がどのような動機で織田家に仕えるか見どころである。さらに明智光秀も非常にユニークな設定であり、どのように本能寺の変が描かれるか著者の歴史解釈に興味が尽きない。(林田力)
http://hayariki.net/index2.html
東急電鉄が大井町線高架下住民に立ち退きを迫る
http://hayariki.net/tokyu/ohimachi.html

 

 30年も前にアメリカへ渡る前、南伊豆に住んでいました。スパイスドッグでのライブは、切狂言のオリジナルメンバー達と懐かしい一夜になります。私自身ワクワクしています。
 それから29日はTerra。Hey 忘年Partyだよ!! 朴実のSpecial ユニット!?など。今年お世話になったみなさまと一緒に楽しいプログラムを用意しました。お待ちしています。朴保
日 時:12月23日(金)19:00~
場 所:スパイスドッグ(静岡県下田市吉佐美1535-1)
出 演:朴保(vo.g)・ボッチ(Key)・シュー(Pc)・野生人(B)・長谷隆行(G)Shica chan(Cho) GUEST:ケニー井上(G)
料 金:2000円+ドリンク
協 力:Mr.秋元
日 時:12月29日(木) 19:00開場、20:00~
場 所:Live Spot Terra(東京都杉並区西荻北3-22-20坂巻ビル1F)TEL&FAX03-3395-7611
出 演:朴保(vo.g)・朴実(g)・松藤英男(g)・佐藤英二(g)・大村太一郎(b)・清水達生(ds)
ゲスト:古代真琴・磯部舞子
料 金:2500円+ドリンク

http://hayariki.fukuwarai.net/
wiki林田力ブログ
http://blog.livedoor.jp/hayachikara/
林田力 二子玉川ライズ問題
http://www5.hp-ez.com/hp/hayariki
 

藤木直人は来年1月8日放送開始のNHK大河ドラマ『平清盛』では文武に秀でた佐藤義清(西行)を演じるが、11月の流鏑馬ロケでは一度も的に当てることができなかった。複数回射抜いた主演の松山ケンイチに差を付けられた形で、本人は「映像のマジックを使って、オンエアでは達人ぶりを見せられる」と語っている。
林田力「『家政婦のミタ』『専業主婦探偵』主人公と脇役の問題を重ね合わせ」リアルライブ2011年12月6日
http://npn.co.jp/article/detail/15950520/

松ケン清盛、“プロ並み”やぶさめ披露「迫力あるので、ぜひ見て」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111116-00000324-oric-ent
ロケには、清盛と生涯を通じて親友となる佐藤義清役の藤木直人(39)も参加。松山と同じく流鏑馬に挑戦したものの、的を射ることができず「佐藤規清は文武に秀でている人であったのに、僕のスキルが足りなかった」と悔しさを吐露。それでも「映像のマジックを使って、きっとオンエアでは達人ぶりを見せられると思っています」と語っていた。

「平清盛 流鏑馬ロケ 馬と弓できてこそ武士 松山ケンイチさん、藤木直人さん」しんぶん赤旗日曜版2011年12月11日
http://www.jcp.or.jp/akahata/web_weekly/2011/12/post-138.html
 

橘匠氏の講演会「言論の自由の限界に挑む」
元関東連合のリーダー・川名毅容疑者や石元太一容疑者が傷害容疑で逮捕された。石元容疑者は歌舞伎俳優の市川海老蔵氏が暴行されて重傷を負った事件で、港区の飲食店で同席していた人物である。関東連合は悪辣で、多くの芸能人を滅ぼしてきた。首つり自殺したタレントUは関東連合の犠牲者である。タレントWが米国に古着を買い付けに行ったことがあるが、それも関東連合の魔の手から逃れるためである。海老蔵は歌舞伎という伝統芸能に属しており、市川家には対抗できる勢力とのつながりがあるのではないか。
http://www.hayariki.net/poli/japan111027.html
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/27 あおちゃん]
[11/27 いちご]
[11/27 あおちゃん]
[11/27 あおちゃん]
[11/27 いちご]
最新TB
プロフィール
HN:
林田力 wiki
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
P R
Designer by:北極星のなりそこない
Material by:Barcarolle
Copyright c [ 林田力 ブラック士業対策 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]