忍者ブログ
ブラック企業が社会問題になっているが、ブラック士業(ブラック弁護士法人、ブラック法律事務所)も問題として認識されつつある。ブラック弁護士法人は弁護士としての使命感や倫理観がなく、利益のために反社会的で違法性の高い業務に手を染める法人である。
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
歌舞伎役者の市川海老蔵が2010年12月28日に東京都内のホテルで会見を開き、東京地検に傷害罪で起訴された伊藤リオン被告との間に示談が成立したことを説明した。暴走族などの反社会的勢力と徹底的に戦うと見られていた中での示談成立は海老蔵のイメージダウンになった。
記者会見では海老蔵は自身の酒癖の悪さが原因と反省した。確かに海老蔵には反省すべき点が多い。そもそも元暴走族のような人物と一緒に酒を飲むこと自体が問題であった。しかし、それで左上顎骨粉砕陥没骨折や視覚障害などの重傷を負うことを甘受しなければならない理由にはない。血まみれとなり、殺されていたかもしれない事件である。
そして落ち度があるという相手の罪悪感につけ込み、不当な要求を押し通すことは反社会的勢力の常套手段である。海老蔵の酒癖よりも、六本木に巣食う反社会的勢力の無法の方が大きな問題である。だからこそ民事介入暴力の専門家・深澤直之弁護士(右田・深澤法律事務所)を代理人とした意味がある。父親の市川團十郎も21日に「一切しておりません」と示談交渉を明確に否定していた。その直後に前言と矛盾する示談成立は成田屋への信用を失墜させる。
実際、ネットでは示談成立に対して海老蔵が屈服したとの見方が圧倒的である。金銭の授受はないというが、実際は海老蔵側が元暴走族に支払ったのではないかとの推測がなされている。少なくとも海老蔵は東京地検に公判請求を望まないことを上申するとしており、殴られ損である。
海老蔵が示談に応じた要因として、海老蔵が元暴走族リーダーT・Iに暴行した可能性がある。海老蔵は会見で「私は暴力をふるった記憶がございません。しかし客観的に証明できない。」と説明した。しかし、元暴走族の主張は変遷している。「ステンレス製の灰皿で殴られた」から「頭がぶつかった」「乱暴な介抱を受けた」にトーンダウンした。そもそも示談要求に屈するような海老蔵が、元暴走族の集団に囲まれた状況で、そのリーダーを殴ったという状況は現実味に欠ける。
むしろ、マスメディアの報道姿勢が成田屋を示談に追い込む無言の圧力になった。海老蔵は裸で土下座する写真を撮影され、携帯電話など所持品を奪われたと報道された。そして土下座写真の流出や、携帯電話に記録されている情報が悪用される可能性も報道された。このような卑劣な行為は、典型的な反社会的勢力の脅しの手口である。しかし、マスメディアの報道には卑劣な脅しに対する弾劾的な論調は見られなかった。反対に海老蔵の不幸を密の味とする報道姿勢であった。
また、海老蔵がタクシー代を値切ったという報道も悪意に満ちたものであった。海老蔵は上着も所持品も全てを失った上、ステテコ姿で逃走したとされる。この状態では財布も持っておらず、海老蔵はタクシー代を払いたくても払えない状況であったと考える方が自然である。
これに対して、伊藤リオン容疑者には不自然な持ち上げ報道がなされた。伊藤容疑者に息子を殺害された父親に「芯から悪い人間じゃないと思いますよ」とまで語らせた(「リオン容疑者らに息子殺された父「リオンは筋の通ったワル」」女性セブン2011年1月6・13日号)。伊藤容疑者は他の襲撃犯と異なり、500万円の損害賠償を支払ったとされるが、数百万円を支払った程度で評価されたならば殺された息子も浮かばれないだろう。
さらに関東連合系の暴走族出身の金崎浩之弁護士(弁護士法人アヴァンセ)を識者として登場させ、「被害届を取り下げた方が双方にメリットがあるが、海老蔵側が意固地になっている」とコメントさせた(林田力「市川海老蔵暴行事件は反社会的勢力との戦い(下)」PJニュース2010年12月17日)。
これらの海老蔵に厳しく暴走族側に甘い報道姿勢が、示談に持ち込ませようとする勢力に加担する結果となった。
反社会的勢力にとって示談は大きな収穫である。叩きのめされても、泣き寝入りするしかないという現実を見せ付けた。恐ろしいイメージを世間に浸透できただけでも組織にとって勲章である。反社会的勢力の被害者になる可能性のある一般の人々のためにも海老蔵は徹底的に戦うべきであった。
歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』の名台詞に「天河屋の義平は男でござる」というものがある。天河屋義平は討ち入りの武器調達役であったが、捕り手に怪しまれて脅迫される。それでも口を割らず、上記の啖呵を切って、赤穂義士の秘密を守り通した。これが歌舞伎の語源となった「かぶき者」の心意気である。
海老蔵が徹底的に反社会的勢力と戦えば、身をもって「かぶき者」の心意気を示すことになった。この事件を基に新たな歌舞伎作品が生まれたかもしれない。海老蔵の酒癖が悪く、言動に問題があったことは周知のことであり、いまさら取り繕うことは不可能である。海老蔵にとって最後の拠り所が反社会的勢力との戦いである。それを捨てたことで成田屋が失ったものは大きい。
男になれなかった市川海老蔵と対照的に妻の小林麻央の対応は常識的であった。事件が発覚し、六本木に巣食う反社会的勢力の存在が明らかになった発端は、麻央が血だらけで帰宅した海老蔵に驚いて110番通報したことである。海老蔵は麻央の通報で大きく救われている。
マスメディアは通報した麻央もバッシングした。麻央の通報によって事件は公になり、海老蔵は興行の無期限謹慎やコマーシャル打ち切りなど大打撃を受けたためである。麻央は梨園の常識を知らないとまで叩かれた。
しかし、海老蔵は手術が必要なほどの大怪我であり、どちらにしても興行に支障がでる。何事もなかったことにすることは不可能である。海老蔵は2007年に風呂場で転倒し、大阪松竹座「七月大歌舞伎」を降板したことがある。世間の常識とは別に梨園の常識というものがあるならば、この時も何かあったのではないかと勘繰りたくなる。
海老蔵自身は命からがら逃げ回りながらも、警察に駆け込むことはなかった。しかし、これは麻央の通報が差し出口ということにはならない。追われている当人は警察に駆け込むという発想自体が中々出てこないものである。本人ができないことを代わりに行うことは配偶者の立派な役割である。
また、泥酔した本人が通報するよりも、冷静な麻央が通報した方が警察も的確に対応できる。マスメディアからはバッシングされているものの、警察の扱いでは海老蔵は被害者である。ここには麻央の迅速な通報の影響もあるだろう。
より重要な点は成田屋としては公にしたくないと考えたとしても、それを相手が許すかは別問題であるということである。元暴走族リーダーは海老蔵に負傷させられた被害者であると主張している。もし海老蔵側が通報しなかったならば、酒癖の悪い海老蔵が暴力を振るった一方的な加害者というイメージが作られた危険もある。
その結果、同じ六本木での暴行事件で引退に追い込まれた大相撲の朝青龍と同じような運命を辿りかねない。朝青龍事件ではマネージャーを被害者に仕立て上げるなど朝青龍側の隠蔽工作が致命傷になった。これに対して海老蔵事件は大々的に注目されたからこそ、元暴走族側の攻撃も、弁護士を代理人とし、記者会見や被害届提出で揺さぶるという表舞台のものになった。
しかし、反社会的勢力にとって表舞台の戦いはアウェーである。インターネットでは元暴走族リーダーの本名や過去の素行が明らかにされ、記者会見など表舞台に出たならば大々的に告発しようと待ち構えている状況であった。それもあって記者会見はヤルヤル詐欺、被害届は出す出す詐欺に終わった。海老蔵側は有利な戦いができる立ち位置にいたが、それを可能にした出発点が麻央の迅速な通報であった。
麻央は救急車を呼ぼうとしたが、気が動転して119番ではなく、110番通報してしまったとされる。これは梨園の妻としての自覚に欠けるとバッシングされる理由になった。しかし、めったなことでは警察に通報しないというような「常識」が梨園にあるならば、「警察に通報することが当然」との正論で戦うよりも、間違って110番したと言い訳する方が梨園の風当たりは弱くなる。
決して自らの功績を誇らず、夫と一緒に批判される。意外にも麻央は梨園の妻の役割を立派に果たしていた。しかし、徹底抗戦と見られていた成田屋も最後は示談で妥協した。唯一常識的な対応をした麻央への風当たりが強くならないか懸念される。
http://www.hayariki.net/cul/
PR
歌舞伎役者の市川海老蔵が暴行された事件で、逮捕された伊藤リオン容疑者が「海老増さんは元暴走族リーダーを殴っていない」と供述していると2010年12月24日に報道された。海老蔵が暴走族などの反社会的勢力の被害者である様相が一層強まった。
これまでは海老蔵が灰皿で元暴走族を殴ったなどと面白おかしく報道されていた。暴走族出身の金崎浩之弁護士(弁護士法人アヴァンセ)などは「海老蔵の経歴に傷が付くのは、困るでしょう」と、海老蔵の暴行を前提としてコメントした(林田力「市川海老蔵暴行事件は反社会的勢力との戦い(下)」PJニュース2010年12月17日)。
しかし、海老蔵の暴力は暴走族側のプロパガンダに過ぎなかったことになる。事件のあった店も元暴走族グループとの関係を指摘されており、店員が口裏を合わせて海老蔵に不利な証言をする可能性も考慮すべきであった。今後は「灰皿にテキーラ」などの批判的検証も必要である。
善悪を脇に置くならば、暴走族側のプロパガンダは巧妙であった。どう見ても胡散臭い暴走族出身者の言い分をマスメディアが垂れ流したことは不思議である。プロパガンダと言えば国家の情報機関を連想するが、最近では情報機関がマフィアなどの反社会的勢力と収益活動で共同歩調をとる傾向があると指摘される(北芝健「スパイ活動の実態」安全保障と危機管理14巻、2010年、5頁)。それが現実化したような情報操作であった。
海老蔵は危うく嵌められるところであったが、六本木界隈では有名人の不祥事が相次いでいる。横綱・朝青龍は2010年1月に深夜に泥酔して暴行事件を起こしたとされる。但し、本人は殴ったことを否定している。また、SMAPの草なぎ剛は2009年4月に六本木の隣の赤坂の檜町公園で泥酔して全裸で騒ぎ、現行犯逮捕された。
海老蔵事件と朝青龍事件の共通点は、トラブル相手に裏社会とのつながりが指摘されることである。朝青龍が暴行したとされる人物と、海老蔵事件の元暴走族グループの人的なつながりも指摘されている。
これに対し、草なぎ事件では他者とのトラブルは起きていない。しかし、事件前まで居酒屋で一緒に飲んでいた相手については不自然な変遷が見られた。「一人で居酒屋に行った」「知人女性」「店の従業員」などである。当時は恋愛スキャンダルを避けるために知人女性を隠していると分析されていた。しかし、もし暴走族などアイドルが交友するに相応しくない人物と一緒にいたならば、やはり事務所は隠そうとするだろう。
三人の共通点は事件当時の記憶を失っている点である。海老蔵は12月7日の記者会見で「はっきり覚えていない」と答えた。朝青龍事件でも師匠の高砂親方が「酔っていて覚えてない」と説明した。草なぎも「何で裸になったのかは覚えていない」と語っている。
これらは政治家の「記憶にございません」と同じく、都合の悪い事実を誤魔化す卑怯な言い訳に聞こえる。三人とも酒好きとして知られている。アルコールに免疫のない人ならば兎も角、深酒で記憶をなくすことは現実味が乏しい。しかし、六本木の現実を踏まえれば本当に記憶をなくしていた可能性もある。
実は世界では六本木は危険地帯と認識されている。外国人客の酒に薬物を混入して意識を失わせ、所持品の窃取やクレジットカードへの高額請求などの犯罪が相次いでいるためである。米国や英国、オーストラリアの大使館が自国民に警戒を呼びかけている。米国大使館では職員にも六本木のバーやクラブへ行かないように勧めている。犯罪組織にとっては有名人も良いカモである。有名人にはリスク管理が求められる。
http://hayariki.jakou.com/cul/
歌舞伎役者・市川海老蔵の暴行事件で、海老蔵と一緒にいたとされる関東連合系の元暴走族リーダーは被害届を提出しない意向であると2010年12月17日に報道された。海老蔵への反撃とされた記者会見の延期に続いての尻すぼみである。記者会見のヤルヤル詐欺に加え、被害届を出す出す詐欺のようなもので、元暴走族の底が見えた展開である。
そもそも代理人の藤本勝也弁護士(藤本法律会計事務所)が「被害届を持っている」と説明すること自体がおかしい。持っているならば警察に提出すればよい。被害届は寝かせておくような性質の文書ではない。事件を有耶無耶にし、あわよくば海老蔵から示談金を巻き上げるための脅しと見られても、仕方がない。
荒木飛呂彦のマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』ではギャングの名台詞に「『ブッ殺した』なら、使ってもいい」というものがある。本物のギャングの世界では「ブッ殺す」という言葉を使うことはない。何故ならば「ブッ殺す」と思った時は既に行動が終わっているためである。この点で元暴走族の言動はギャングの風上にも置けないものである。
そもそも元暴走族が闇世界の住人ならば、酔い潰れて、歌舞伎役者に好きなようにされたこと自体が恥である。泥酔した素人に負傷までさせられたならば、闇世界の笑い者である。その被害届を警察に提出するならば、闇世界の住人から総スカンを食らうことになる。
結局のところ、強硬姿勢は示談を求めるシグナルに過ぎないとされるが、海老蔵には示談に応じるメリットはない。暴走族出身の金崎浩之弁護士(弁護士法人アヴァンセ)は「示談は海老蔵にもメリット」とコメントするが、暴走族側の思惑の代弁にしか見えない(林田力「市川海老蔵暴行事件は反社会的勢力との戦い(下)」PJニュース2010年12月17日)。
http://hayariki.net/cul/show.htm
そもそも海老蔵が相手の土俵に乗らなければならない理由はない。日本では相手の強硬姿勢の中に隠されたシグナルを読み取ることが交渉巧者とする愚かしい発想があるが、威張る人間を付け上がらせるだけである。むしろ強硬姿勢に対しては額面通り受け止めて硬直的な対応で返すことが正当である。
冷静に考えれば、海老蔵にとって被害届提出は恐れることではない。叩けばホコリが出る体は海老蔵ではなく、元暴走族である。被害者を主張すれば当事者としてクローズアップされる。海老蔵側にとっては逆襲のチャンスである。
海老蔵の酒癖の悪さは周知のことであり、これまでも様々な人が見聞きしている。だからこそ海老蔵へのバッシングが大きくなった。示談で元暴走族を口止めして済む問題ではない。海老蔵としては芸で勝負すると開き直るか、反省して態度を改めるかしかない。暴走族との取引は無意味である。
市川海老蔵の暴行事件で、関東連合系の元暴走族リーダーの代理人を務める藤本勝也弁護士(藤本法律会計事務所)は2010年12月16日に予定していた記者会見を急遽中止した。会場の混乱が避けられないことを理由とするが、額面通りに受け取る人は少ない。元暴走族側の過剰なパフォーマンスは、海老蔵が罠にはめられたとの印象を強める。
歌舞伎役者の海老蔵が顔などを殴られ、全治2ヶ月の重傷を負った事件は一大スキャンダルになった。本来ならば善悪は明確である。暴走族などの反社会的勢力との関係を指摘される人物が歌舞伎役者に重傷を負わせた。歌舞伎役者は命からがら逃げ帰り、所持品も失った。失った携帯電話を反社会的勢力が悪用する可能性も指摘されている。本来ならば反社会的勢力に対する恐怖をもたらす事件である。
海老蔵に道徳的に反省すべき点があるとしても、暴走族のような反社会的行為はしていない。それでもメディアは酒癖の悪さなど海老蔵を集中バッシングする傾向にあった。これには2つの理由が考えられる。
第一に酔っ払いへの嫌悪感である。酔っ払いに絡まれて嫌な思いをさせられた人間は少なくない。酔っ払い自身はいい気持ちになっているために始末が悪い。しかも、翌朝になれば、すっかり忘れてしまう。自分が不快感を与えた人間であるという自覚もない。酔っ払いに苦しめられた経験のある人々にとって、服を脱がし、土下座までさせた伊藤リオン容疑者の行為は、痛快でさえある。酔っ払いの酔いも一気に冷めたことであろう。
これまで後進的な日本社会は酔っ払いに対して寛容すぎた。酔っ払いに対して本気で怒ることは野暮であり、大目に見ることが度量というような愚かな発想さえある。酔っ払いに対しては、たとえ我慢できたとしても、あえて硬直的な態度をとって座を白けさせるくらいが適切である。その意味では酒癖の悪さをクローズアップして、人格批判するマスメディアの論調は日本社会の進歩と受け止めることもできる。
第二に意外性である。暴走族が人を殴ることは明らかに悪いことである。しかし、社会のダニとまで忌み嫌われている暴走族が悪事を働くことに意外感は少ない。それよりも伝統芸能の継承者であり、それこそ末は人間国宝とも考えられる梨園のプリンスの悪酔いの方がネタとしては興味深い。
以上のとおり、海老蔵へのバッシングにも理由があるが、それが一巡すれば元暴走族側の胡散臭さが浮き彫りになる。もともと藤本弁護士は12月11日に会見を行う予定であった。しかし、海老蔵に暴行を加えた伊藤リオン容疑者が10日に逮捕されたことを理由に16日に延期していた。
その会見を今度は、大勢の記者が殺到して会場に入りきれず、混乱するという容易に想像できる理由で再延期した。ここからは会見を交渉のカードとして利用しているように推測できる。実際、会見延期を報じるネット記事には以下のコメントが寄せられた。
「裏の交渉がまとまらなかったのですね。」
「(会場が)狭い理由以外に間違いなく裏事情があるな。」
「本当の都合は、1円でも多く搾り取るための都合でしょ?」
「うまい金づるになると見込んで海老蔵側の動揺を誘うために大したネタもないのに会見を発表したけれど、予想外の海老蔵側の強気の態度に当てが外れてしまった?」
「弁護士も彼らのグルだろ。品格が全くないもん。」
もともと元暴走族側は裏交渉での示談を求めていると見られていた。元暴走族側の被害届提出への言及も、海老蔵への揺さぶりの一環とされる。元暴走族が海老蔵に負傷させられた証拠となる診断書にも疑問がある。診断書を書いた高木繁・統合的癌治療専門エイルクリニック院長は外科ではなく、ガンの専門医である。
高木氏は「末期ガンにキノコが効く」などと主張する異色の医者である(高木繁『最強・最速の抗ガンキノコメシマコブ―あなたの免疫力を最強にする驚異のキノコの神秘!』サクセスマーケティング、2003年)。元暴走族は何故、わざわざガン専門医に受診したのだろうか。
元暴走族側の怪しさを知る上で、16日に発売された週刊文春2010年12月23日号の記事「海老蔵 vs 伊藤リオン容疑者『スキャンダル・バトル』」は興味深い。記事では海老蔵に負傷させられたと主張する元暴走族は事件後に飲み歩いているとする。また、高木氏についても様々な情報を掲載する(「診断書を書いた医師はあいはら友子夫『末期がんにキノコがきく』」)。
極めつけは関東連合系の暴走族ブラックエンペラーの幹部であったとする金崎浩之弁護士(弁護士法人アヴァンセ)のコメントである。そこでは「海老蔵にとっても示談はメリット」とし、「被害届を取り下げた方が双方にメリットがあるが、海老蔵側が意固地になっている」と分析する。金崎氏は中立的な識者としてコメントしたような装いだが、内容は暴走族側の本音の代弁にしか読めない。
金崎氏はテレビ番組にもコメンテータとして出演し、「海老蔵の経歴に傷が付くのは、困るでしょう」などと主張した。インターネット掲示板では「テレビで関東連合の思惑を語った弁護士」と受け止められ、「海老蔵事件関係の関東連合系人物相関図」にも名前が載った。少なくともメディアが金崎氏のコメントを求めた理由は、金崎氏が元暴走族という経歴を売りにしているためである。海老蔵事件が暴走族など反社会的勢力出身者の特需になっているという嘆かわしい現実がある。
この状況で海老蔵が被害届を取り下げて、示談で済ませたならば、反社会的勢力の無法を許すことになる。海老蔵が暴走族に屈服したという印象を世間に与える方がダメージである。そのために民事介入暴力の専門家・深澤直之弁護士を海老蔵の代理人とした意味がある。
反社会的勢力に弱みを見せれば、成田屋は恐喝され続け、骨までしゃぶられる。同じ伝統芸能の大相撲でも反社会的勢力との癒着が厳しく糾弾された。興行にはヤクザがつきものという考えもあるが、それは伝統的な任侠を念頭に置いたもので、暴走族やチンピラは有害無益である。
海老蔵事件は六本木に巣食う闇組織の実態を明らかにし、壊滅させるチャンスになる。それに貢献することが海老蔵にできる最大の善行である。
http://www.hayariki.net/cul/show.htm
AKB48の前田敦子がオフィシャルブログで弱音を吐いた。結成時からグループを引っ張ってきたAKB48の顔というべき存在が見せた弱音に対し、ファンは好意的な反応を寄せている。
前田のブログの22日付の記事「久しぶりに」では「明日のためのフリ入れが、たった今終わりました」と報告する。投稿時間は1時9分であるため、日付の上では明日ではなく、当日になっている。前田は「途中参加で焦ってます」とし、「明日集中するしかないな」と述べる。
「一旦一息つけたと思ったら、また次が、そんな感じの毎日」を送っており、「頭の中が停止してしまう」ことがたまにあるという。そして「心のうちを書きたくなることなんて、滅多にない私なんですが、今日は書きたくなりました」と告白する。
前田のブログはサービスを提供するアメーバの芸能人ブログランキングで上位の常連になるほどの人気であるが、ブログで弱音を見せることは珍しい。むしろ主演ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス』撮影中など多忙時はブログの更新が途絶えていた。
7月には1週間もブログの更新が途絶えたこともあったが、『花ざかりの君たちへ』の低視聴率や『情熱大陸』での出演態度へのバッシングが精神的に応えていたのではないかとも指摘された。その点で苦しい時にブログを更新しなくなるのではなく、ブログで弱音を見せることはファンに心を開くことになる。コメント欄には「抱え込まずに弱音を吐いていいよ」「あっちゃんが弱音吐いた時はファンの皆で支えます」など温かいコメントが寄せられた。
これに対して、前田は22日10時23分付けの記事「ありがとうございます」で、「皆さん励ましてくれてありがとうございました」と、お礼を述べた。前田と篠田麻里子、小嶋陽菜は朝から猛練習を行い、何とかすっきりできるようになったという。トップアイドルの宿命として何かと逆風を受けることが多い前田であるが、ブログで弱音をさらけ出せるようになったことは大きな強みである。
(林田力)
http://www.hayariki.net/akb48.html
「ドラマ共演のAKB48前田敦子と柏木由紀が急接近」リアルライブ2011年9月17日
http://npn.co.jp/article/detail/00202389/
林田力「『美男ですね』第10話、因果がめぐる好脚本」リアルライブ2011年9月19日
http://npn.co.jp/article/detail/80843837/
<< 前のページ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/27 あおちゃん]
[11/27 いちご]
[11/27 あおちゃん]
[11/27 あおちゃん]
[11/27 いちご]
最新TB
プロフィール
HN:
林田力 wiki
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
P R
Designer by:北極星のなりそこない
Material by:Barcarolle
Copyright c [ 林田力 ブラック士業対策 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]