忍者ブログ
ブラック企業が社会問題になっているが、ブラック士業(ブラック弁護士法人、ブラック法律事務所)も問題として認識されつつある。ブラック弁護士法人は弁護士としての使命感や倫理観がなく、利益のために反社会的で違法性の高い業務に手を染める法人である。
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
アイドルグループ・モーニング娘。(以下、モー娘。)の卒業メンバー10名が2011年1月28日に「ドリーム モーニング娘。」(以下、ドリ娘。)を結成した。これはモーニング娘。にとっても大きな転機となる。
ドリ娘。は中澤裕子、飯田圭織、安倍なつみ(以上、初期メンバー)、矢口真里、保田圭(以上、2期メンバー)、石川梨華、吉澤ひとみ(以上、4期メンバー)、小川麻琴(5期メンバー)、藤本美貴(6期メンバー)、久住小春(7期メンバー)で構成される。辻希美も加入予定だったが、2010年12月に第2子を出産したことから芸能活動を休止し、育児休暇に入った。
ドリ娘。はアルバム『ドリムス。(1)』のリリースやコンサートツアー『ドリーム モーニング娘。 コンサートツアー2011 春の舞 ~卒業生 DE 再結成~』を計画している。アルバムのタイトルに数字を使うことハロー!プロジェクト(ハロプロ)の流儀であり、ドリ娘。の本気ぶりを示している。モー娘。は1998年1月28日に「モーニングコーヒー」でメジャーデビューしており、その記念すべき1月28日にドリ娘。も披露された。
実は2011年に入ってからモー娘。に大変動の動きがある。まず1月2日に9期メンバーの加入が発表された。9期メンバーはオーディションで選ばれた鞘師里保(さやし・りほ)、生田衣梨奈(いくた・えりな)、鈴木香音(すずき・かのん)の3人と、ハロプロエッグから選ばれた譜久村聖(ふくむら・みずき)の合計4人である。
さらに1月9日にはリーダーの高橋愛が秋のツアーを最後にモー娘。及びハロプロから卒業すると発表された。高橋は1月23日には卒業後の11月から東京・帝国劇場で上演されるミュージカル「ダンス オブ ヴァンパイア」でヒロインのサラを務めることも明らかになり、卒業後に向けて動き始めている。
高橋は長期に渡ってモー娘。のセンター及びリーダーとして君臨してきた。モー娘。の中で高橋一人が目立つ状況はファンの間で「タカハシステム」とも称されてきた(林田力「モーニング娘。韓国人蔑視写真騒動の深層(下)」PJニュース2010年11月22日)。
その高橋が卒業する以上、モー娘。の変貌は必然である。新メンバーを前面に出せば、フレッシュ感をアピールできる。新メンバーは12~14歳で小学生も存在し、何かと比較されがちなAKB48のメンバーの年齢層よりも若い。鞘師や鈴木は卒業する高橋とは干支が同じであり、メンバーの入れ替えによってモー娘。の平均年齢は大きく下がる。
これはモー娘。がファン層として女子小学生を重視する表れと分析できる。実際、オーディションで選ばれた新メンバーは外見もダンスも歌も洗練されており、同年代以下の同性の憧れの存在として相応しい。一方でモー娘。初期に同年代でモー娘。に加入したメンバーに比べるとインパクトが薄い。
オリジナルメンバーの福田明日香と3期メンバーの後藤真希は、タイプは異なるものの共に年齢以上の大人びた印象を与えた。反対に4期メンバーの辻希美と加護亜衣は年齢よりも幼い子供っぽさが魅力であった。彼女らに比べると、9期メンバーは良くも悪くも普通である。あくまで普通の範囲内での洗練である。この点が同年代以下の同性からの支持にはポイントになる。
モー娘。は所謂「オタ」がファン層の中心であるが、それだけでは難しい状況にある。既にAKB48に大きく差をつけられた感がある。しかし、AKB48に差をつけられたことはモー娘。の失敗ではない。モー娘。はAKB48の路線を早い段階で放棄していた。
AKB48の特徴は徹底的な競争である。選抜メンバーに入らなければメディアに露出することもできない。この競争がAKB48にドラマをもたらした。その典型が2010年のAKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」である。ここでは大島優子が「不動のセンター」と呼ばれていた前田敦子を破る逆転劇が起きた。
しかし、競争が常にグループの成長につながるとは限らない。勝者と敗者が固定化し、競争自体が格差を固定化する仕組みとして機能する場合も多い。確かに17thシングル選抜総選挙では前田の首位陥落が話題になった。それでも前田は2位にとどまり、上位陣の顔ぶれも変わらなかった。これが人気投票のドラマとしては限界であり、ドラスティックな変化は起こりにくい。
人気投票である以上、過去からの蓄積のある前田ら上位陣には大きなアドバンテージが存在する。これは構造改革によって競争が奨励された結果、日本が格差社会になったことと類似する。人気や資本など単一の尺度だけで競争を激化させると、むしろ格差は固定・拡大する。
この問題はAKB48も考えていた。その後の19thシングルは「じゃんけん大会」でメンバーを選抜した。競争の基準を変えてしまうことで、全員がゼロからの勝負を余儀なくされた。構造改革論者は「競争社会は公平である」と語るが、真の意味で公平とは何なのか考えさせられる事例である。この「じゃんけん大会」では大島が1回戦で敗退し、前田もメディア選抜から漏れるという従来の選抜総選挙では考えられないドラマが起きた。競争の基準を変えることでグループを活性化させた例である。
このような競争主義はモー娘。の路線ではない。AKB48では前田が「不動のセンター」と呼ばれていたが、そのような言葉が生まれること自体がAKB48のセンターの浮動性を示している。これは安倍なつみ、後藤真希、高橋愛ら時期によってセンターが固定しているモー娘。と対照的である。
しかし、結成当初はモー娘。もメンバー間の競争がクローズアップされていた。モー娘。はオーディション番組『ASAYAN』で誕生し、活動が番組内で紹介されたが、そこにはメンバーの競争を煽るような内容があった。メジャーデビュー前のシングル『愛の種』やデビュー曲『モーニングコーヒー』ではソロパートやセンターの争奪戦が盛り上げられた。
モー娘。で恒例となったメンバー増員も最初の目的は「競い合わせる」ことであった。ところが、当時のファンは最初の増員に反発した。メンバーを苦しめて楽しむテレビ的な嫌がらせに見えたためである。インターネットでは増員反対の署名運動まで行われた。
それでも増員は強行され、次第にファンもメンバーの増員を受け入れ、モー娘。の特徴とまで認知されるようになった。これはファンの反発が無意味であったことを意味しない。猛反発の後遺症は残り、『ASAYAN』がメンバー間の競争を露骨に煽ることは少なくなった。モー娘。にとって競争路線は過去に捨てたものである。
AKB48以外でもアイドルの競争は激しく、女性アイドルグループ戦国時代とも言われている。少女時代やKARAなど韓流アイドルも躍進している。ハロプロ内でもスマイレージが成長している。
さらにモー娘。OGによる「ドリーム モーニング娘。」である。ドリ娘。には高橋の同期(小川麻琴)や後輩(藤本美貴、久住小春)メンバーも加わっており、高橋が卒業後に加わっても不思議ではない。現センターである高橋がドリ娘。に加わるならば、ドリ娘。は完全に現在のモー娘。ファンと競合する。故にモー娘。は新たなファンを開拓する必要がある。
このような状況においてモー娘。が女子小学生重視にシフトしていくことは合理的である。それはタカハシステム以前のモー娘。が志向していた路線でもあった。国民的アイドルグループと言われたモー娘。の黄金時代には女子小学生の強い支持があった。その原動力となったユニットがミニモニ。であった。
そして黄金時代経過後のモー娘。でも再び女子小学生訴求路線でテコ入れを目指した。その担い手がミラクルエースと呼ばれた7期メンバーの久住小春である。久住は少女漫画原作のアニメ「きらりん☆レボリューション」の主人公「月島きらり」の声優となり、「月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)」名義でソロ活動も行った。久住はソロ活動で女子小学生のファン層を開拓したが、モー娘。本体への還元は今一歩であった。
一方、センター及びリーダーとして君臨した高橋は、どちらかと言えば女子小学生訴求路線の破壊者であった。ミニモニ。は身長150cm以下という当初の加入資格を破って高橋が加入したため、グループの性格が変貌した。
久住は藤本美貴が長くリーダーを務めていたならばモー娘。の中でキャラが立ち、ソロのファンをモー娘。本体に呼び込めた可能性がある。本気かネタか分からないが、厳しい藤本に苛められる薄幸キャラとして久住は絵になった。しかし、藤本はリーダー就任後1か月足らずで脱退し、代わりに高橋がリーダーとなった。
高橋は歌唱力やダンスの能力は高く、だからこそ長期に渡ってセンターを務めることができた。また、矢口真里や藤本のような短命リーダーと異なり、スキャンダルとも無縁であり、自らを律している。理想的なアイドルであるが、強いて不足点を挙げるならば他人と絡んで他人を引き出すようなことはしない。久住はモー娘。の中では埋没し、先輩の5期6期メンバーよりも先に卒業してしまった。
モー娘加入以前から宝塚歌劇の大ファンという本物志向の強い高橋にとって、お子様路線は面白くないかもしれない。その高橋の卒業はモー娘。の女子小学生訴求路線の復活になる。
http://www.hayariki.net/hello.html
PR
AKB48の柏木由紀の公式ブログ「ゆきりんblog~晴れのちゆき~」が安定した人気を保っている。2011年4月7日からアメブロに移転したばかりであるが、芸能人・有名人ブログ上位にランクインし、一時は前田敦子のブログを抜いて2位に躍り出た。初期メンバーが引っ張っている印象の強いAKB48の後継世代の注目株である。
柏木は2006年12月の「第3期AKB48追加メンバーオーディション」に合格し、現在はチームBのキャプテンである。柏木は高城亜樹や倉持明日香、佐藤夏希、大家志津香と共にワタナベエンターテインメント傘下事務所に所属している。柏木らナベプロ傘下事務所所属のメンバーは「ワタナベガールズ」として、ナベプロのサイトでブログを開設していたが、3月7日から「ワタナベガールズ」のブログがアメブロに移転した。
アメブロではアメブロ上の芸能人・有名人ブログのランキングを公表しており、柏木ブログのランキング急上昇を確認できる。3月7日の総合ランキングは306位であったが、3月8日は14位になり、3月9日は2位になった。この3月9日の1位は大島優子、3位は前田敦子で、AKB48メンバーで上位3位までを独占した。翌10日は3位に落ちたものの、前田1位、大島2位で依然としてAKB48メンバーが占めた。
柏木ブログの強みはコメントの多さである。アメブロに移転した3月7日から10日までの記事では6000件から13000件のコメントが寄せられている。同時期の大島ブログでは2000件から8000件、前田ブログでは4000件から6000件である。
柏木ブログではコメントを書きたくなるように記事を工夫している。3月8日付記事「柏木カメラマン」では柏木が撮影したメンバーの写真を掲載する。ここでは峯岸みなみと宮澤佐江の写真を掲載したが、他のメンバーのリクエストも募集する。他メン推しのファンもコメントしたくなる記事である。
また、3月10日付記事「豊富*」では自分のニックネームについて論じる。様々なニックネームを紹介した後で、「あなたは私のことを、なんて呼んでますか」と呼びかける。気軽にコメントを書きやすい記事になっている。
その後はアクセス数及びコメント数共に減少し、移転当初の御祝儀アクセスの限界を露呈した。しかも、東日本大震災に際しては「あっ そうそう 皆さん 地震大丈夫ですか」と地震被害を軽く語る失言もなされた(林田力「AKB48プロジェクト義援金にAKB商法への期待高まる」PJニュース2011年3月18日)。

http://www.pjnews.net/news/794/20110317_4

前田ブログや大島ブログとは依然として大きな差があるものの、現在でも総合ランキング10位圏にランクしており、AKB48メンバーのアメブロ開設者では前田、大島、指原莉乃に次ぐポジションにいる。
柏木は2010年の「AKB48 17thシングル選抜総選挙『母さんに誓って、ガチです』」で8位となった。この総選挙での1位から7位までの大島優子、前田敦子、篠田麻里子、板野友美、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜は前回の総選挙でも1位から7位までにランクインし、「神7」と呼ばれる。ブログのランキングでは神7の板野を抜いているが、次期総選挙「AKB48 22ndシングル選抜総選挙」で神7の壁を超えられるか注目される。
http://hayariki.zero-yen.com/akb48.html
林田力の家計簿
http://hayariki.ichi-matsu.net/
『マルモのおきて』スペシャルは癒し度がアップ
http://npn.co.jp/article/detail/58375148/
アイドルグループAKB48の新曲「Everyday、カチューシャ」(2011年6月25日発売)が好調である。発売初週で約133万4000枚を販売し、Mr.Childrenの「名もなき詩」(約120万8000枚)の最高記録を更新した。
AKB48はストーリー性のあるプロモーション・ビデオ(PV)も魅力であるが、「カチューシャ」のPVではメンバー最年長の篠田麻里子が教師役となっている。グループの中でもメンバーを牽引する立場にある篠田であるが、教師として篠田を考えた場合に印象的なエピソードがある。生徒として出演した番組であるが、教師としてのセンスも示している。
それは2011年3月4日放送のテレビ東京系バラエティ『週刊AKB』内のドッキリ企画「ドッキリ女学園」内の出来事である。篠田らAKB48メンバーが生徒役として学園生活の中で、他のAKB48メンバーらからのドッキリを受ける企画である。ヤンキーに扮したAKB48の仁藤萌乃と宮澤佐江が教室に乱入し、篠田に因縁を付けた。
仁藤は篠田を「年増のロリコンか、気持ち悪いんだよ」などと挑発し、宮澤と一緒に「謝れ」コールを始めた。困惑しつつも笑顔を見せていた篠田は突然、立ち上がり、「何で謝らなければいけないんだよ」と激怒した。そして仁藤の持っていた竹刀を奪い取り、「お前が謝れよ」と反撃した。
激怒した篠田に周囲のAKB48メンバーも驚愕した。それまでのドッキリ企画につまらなそうな顔をしていた前田敦子が隣の大島優子と止める相談を始めたほどであった。普段ならば「AKBの良心」と言われる高橋みなみが仲裁役になるが、この場にはいなかった。最後は「先生止めてよ」というメンバーの声を受けて、教師役のカンニング竹山が二人を引き離した。
この周囲が凍りつく激怒シーンは「魅惑のポーカーフェイス」をキャッチフレーズとする篠田のイメージに合わないために話題になった。当時の篠田はフジテレビの月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』にも出演中で、ルームシェアする親友の元婚約者が元彼という複雑な感情がありそうな役どころを文字通り「魅惑のポーカーフェイス」で演じていた。
「ドッキリ女学園」では激怒シーンの収録の後に篠田が「逆ドッキリしてやろうと思って、仕掛けた」と笑顔で説明した。これに対してインターネット上では篠田の怒りが本気(ガチ)なのか演技なのかで議論になった。まず共演者の反応やインターネット上に流出した台本の内容から、篠田の怒りの反撃が予定されたものではないと結論付けられる。
但し、怒った篠田が竹刀で目の前の机をバンバン叩いても、板野友美は全く動じなかった。その後のドッキリ企画では一目散に逃走した板野が篠田の竹刀には動じなかったことから、篠田が竹刀で叩くことを予め知っていたのではないかとする見解がある。これについては、驚きのあまり身動きできなかったとする反論が有力である。
篠田の怒りを本気とする立場は、逆ドッキリならば最後にドッキリであったことを相手に明かすことが普通と指摘する。篠田は「終わらせ方が分からなかった」と釈明するが、それはドッキリとして不自然である。篠田の凶暴な本性に幻滅して推し変(推しメンバーを変更)を宣言するファンも現れた。
これに対し、演技とする立場は福岡出身の篠田が本気で怒る時は方言になるのではないか、篠田が胸につけていた心拍数が上がると点灯するランプが怒った時に点灯しなかったと反論している。また、篠田の怒りが本気であったとしても、あそこまでコケにされれば激怒は当然と擁護する見解もある。そこでは理不尽な要求を断固拒否した篠田を反対に評価する。
実は逆ドッキリと本気の怒りには大きな相違はない。仁藤演じるヤンキーに不愉快にならなければ、わざわざ台本に書いていない逆ドッキリを仕掛けることはない。それ故に計算された逆ドッキリであったとしても、基底には怒りが存在する。問題は怒りの性質である。篠田の批判者は篠田の怒りを最年長メンバーによる後輩イジメと受け止めている。
しかし、そのような見方は番組の設定を無視し過ぎている。篠田批判者は篠田がマジギレして番組の設定を破壊したと主張するが、それならば番組の設定に沿って篠田の怒りを解釈しなければならない。
番組の設定に沿って解釈するならば、理不尽な因縁をつけて粘着するヤンキーへの怒りとなる。この怒りはAKB48のコアなファン層にも共感できる性質のものである。AKB48を含むサブカルチャーの担い手は、ヤンキー的なメンタリティと鋭く対立する(林田力「勢いに乗る韓流(下)」PJニュース2010年11月12日)。
http://www.pjnews.net/news/794/20101109_13
もともと日本はヤンキーという迷惑かつ恥ずかしい存在に対して寛大過ぎた。ヤンキーには荒れるだけの原因や理由があるかもしれない。それ故に非行を理由にヤンキーを退学処分にすることが教育者として責任放棄であるかのようなナイーブな論調も出てくる。
しかし、ヤンキーに荒れる原因があるとしても、ヤンキーが暴走行為などで他人に迷惑をかけることを正当化する理由にはならない。他の生徒の教育環境を維持するという視点に立つならば、ヤンキーの事情を無視して問答無用に排除することが教育者として正しい解決策になる。
他の生徒の迷惑を省みず、教育者にヤンキーの抱える問題に向き合わせることを期待することは、ヤンキーの甘えであり、自己中心主義である。相手がヤンキーだからといって、相手に一目置き、相手の心情を理解して向き合わなければならない理由はない。むしろヤンキーの暴言を逆手にとって硬直的な対応をした方が、ヤンキーに甘えを自覚させることができる。
仁藤が演じた不良少女も甘ったれたヤンキーであった。仁藤は理由なく教師を平手打ちし、自分が不良になった理由を篠田に責任転嫁した。篠田が怒り、仁藤に謝罪を要求したことは人間感情として自然である。甘ったれたヤンキーは硬直的な怒りで全否定することが教育的な対応になる。
それ故に篠田の逆ドッキリは肯定的に評価できる。それでも篠田の逆ドッキリに後味の悪さが残ったことは事実である。篠田自身が「逆ドッキリの着地点を見失った」と認めている。しかし、それは篠田の責任ではない。もし仁藤が篠田の怒りにビビって謝罪すれば逆ドッキリは成功に終わった。ところが、実際の仁藤は篠田の怒りにもヤンキーのふてぶてしさを失わなかった。
仁藤はヤンキーを演じきったことになるが、それがアイドルとして価値があるかは疑問である。AKB48のコアなファン層はヤンキー文化と対立するため、ヤンキーになりきることはアイドルとしての評価を高めることにはならない。むしろ篠田の逆ドッキリの枠組みに乗っかった方が仁藤にとっても成功であった。実際、指原莉乃はヘタレというキャラクターで人気が急上昇し、AKB48で初の冠番組『さしこのくせに』を持つに至っている。

未曽有の被害をもたらしている東日本大震災によって、すっかり霞んでしまったが、市川海老蔵暴行事件の刑事事件判決が2011年3月14日に東京地裁で言い渡された。加害者の伊藤リオン被告人と被害者の歌舞伎役者・市川海老蔵の双方にとって痛み分けとなる判決であった。
伊藤被告人は東京都港区で海老蔵に重傷を負わせたとして、傷害罪で逮捕・起訴された。板野俊哉裁判官は、伊藤被告人の暴行を被害者が死亡する可能性がある危険な犯行と結論付けた。被害者は相当量の出血があり、死亡の可能性もあった。腕のしびれなど後遺症の可能性もあり結果は重大である。従って、被告人の刑事責任は重いとして、懲役2年の求刑に対し、懲役1年4か月の実刑判決を言い渡した。また、傷害事件の再犯者で粗暴癖のある伊藤被告人は重ねての再犯も否定できないとして、執行猶予を付さなかった。
伊藤被告人は判決を不服として控訴したが、この判決は被害者の海老蔵にとっても厳しい面を有している。判決では被害者側の行動が事件を誘引したと、海老蔵側の問題点が認定されたためである。
海老蔵は2010年末に暴走族の元リーダー及び伊藤被告人の各々と示談した。そこでは「元リーダーの(主張する)傷害の原因究明は行わない」「相互に誹謗中傷を行わない」と約された。ところが、公判では伊藤被告人の弁護側も、証人として証言した元リーダーも海老蔵の酒癖の悪さが事件の原因であると攻撃した。海老蔵が灰皿に酒を入れて飲めと強要した、元リーダーに頭突きしたなどである。
これには海老蔵の父の市川團十郎が激怒した。「あちらから示談の話があって示談が成立したのに、一方的な見解を述べられた」と憤る。暴走族側の主張を垂れ流すようなマスメディアの姿勢に対しても、團十郎は「あちらの元暴走族の方の人権は重くて、我々の人権は軽いのか」と疑問視する。記者も暴走族の反社会性を棚に上げて海老蔵をバッシングするマスメディアの報道姿勢は不正義と考える(林田力「市川海老蔵暴行事件は反社会的勢力との戦い(下)」PJニュース2010年12月17日)。
http://www.pjnews.net/news/794/20101217_2
一方で暴走族と歌舞伎役者の人権を比較する團十郎の論理に、海老蔵が非難されるべき理由が隠されている。善良な市民の静穏な生活を妨げ、社会に迷惑を及ぼす暴走族に対し、伝統文化の担い手である市川宗家の人間が矜持を持つことは当然である。その御曹司が元暴走族グループと一緒に酒を飲んでいた。このような元暴走族との関係こそ海老蔵が非難されるべき点である。
https://sites.google.com/site/hayariki9/hayachikara

井上真央(いのうえ まお)は、母親の薦めで4歳の時に劇団東俳に入ったのがきっかけで芸能界へ入り、5歳の時に子役デビュー。以来、数々のドラマ・CMに出演。「花より男子」では牧野つくし役で主演した。

映画「花より男子ファイナル」のヒットを祝し、無人島のシーンを石垣島で撮影したことのお礼を含め、井上真央は2008年7月20日に沖縄で「花より男子ファイナル」舞台挨拶を行なった。この日はサプライズで映画挿入歌を歌うaikoも登場した。

「花より男子ファイナル」の最後のイベントは2008年8月21日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで行われた。道明寺司を演じた「嵐」の松本潤(24)、牧野つくしを演じた井上真央(21)、そして秘書の西田を演じたデビット伊東が登壇した。松本潤と井上真央は劇中と同じウエディング姿をファン700人の前で披露した。

NHK連続テレビ小説「おひさま」でヒロインを務める。実年齢より若い10代の設定だが、制服におさげ髪がよく似合う。「おひさま」は月~土曜の午前8時から放送され、2011年4月4日に放送を開始した。初回視聴率は関東地区で18・4%(関西地区15・6%)を記録した。ビデオリサーチの調べで4月5日に判明した。

●井上真央出演CM一覧
CM出演した「家庭教師のトライ」では本人が実際に、派遣された家庭教師に就いて勉強したという。
フジッコ 「ナタデココ」(1994年) 、日本ユニシス(1995年) 、セガ (1996年)、東芝(1996年)、三井不動産販売 「リハウス」(1997年) リハウスガール池脇千鶴の妹役、
学習研究社(1997年) 、花王 「ブローネ薫りヘアカラー」(2000年)、家庭教師のトライ(2006年)、みずほ銀行・みずほマイレージクラブ(2006年)、カゴメ 「野菜生活100」(2007年)、明治製菓 「Panky」(2007年 - ) 、「手作りチョコ」(2007年 - )

●関連記事
「aiko 道明寺からのコメントに大興奮!?」HOT EXPRESS 2008年7月22日
「aikoと牧野つくし、沖縄でドッキリ初共演」BARKS 2008年7月21日
「井上真央 結婚ドレスで花男ラストイベント」スポーツニッポン2008年8月21日
「大ヒット御礼! 「花男」が思い出の恵比寿でファイナルイベント開催」@ぴあ2008年8月20日
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/mao.html

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/27 あおちゃん]
[11/27 いちご]
[11/27 あおちゃん]
[11/27 あおちゃん]
[11/27 いちご]
最新TB
プロフィール
HN:
林田力 wiki
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
P R
Designer by:北極星のなりそこない
Material by:Barcarolle
Copyright c [ 林田力 ブラック士業対策 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]